メインイメージ

制作する時のコツ

パンフレットを制作する時のコツ

パンフレットを作るのは、簡単なようでいて難しいものです。一般的なサイズや形としては、A4サイズで見開きのタイプが多くなります。普段見かけるものもこれらの形が多いので、制作しやすく手に取って見やすいサイズとも言えます。業者によってはいろんな変形タイプや綴じ方などにも対応した料金表を掲載していることが多いので、制作前には予算の確認も含めて見ておくといいでしょう。一般的なタイプのパンフレットであれば、それほど作り方に悩むこともありません。けれども、もっと目立った形にしたいとか、サイズなども違うものに変えていく場合は特にコツを掴んでいないと、内容が頭に入ってこずにただ印刷をしただけのものになってしまいがちです。製作をしていく前には下準備も必要です。自分たちである程度パンフレットの内容や資料を用意してきているのであれば、それらを形にしていく作業も必要になります。難しいようであれば、コンセプトなどを決めながら業者に企画やデザイン等も一任していきましょう。
レイアウトに関しても悩みますが、よく見かける教科書のようなタイプと、二つ折りや三つ折などのタイプとは少し配置が違ってきます。表紙や裏表紙に関しても、出来るだけたくさんの情報を入れ込みたいと誰もが思いますが、なるべくシンプルにデザインをしていった方が、すっきりしますしアピールしたい内容を伝えやすくなります。表紙に関しては中身を見てみたいと思ってもらう為に細心の注意を払って検討を進めていきましょう。その上で中身も文章や様々なコピーを入れ込んで作っていきます。
パンフレットを制作してくれる業者も増えてきましたので、依頼をする時にもどこに頼めばいいのか全く分からないという人も多いです。まずは幾つかの会社に作りたいパンフレットの内容を伝えて、それに沿って必要な作業がどうなるのかも確認しましょう。見積もりも一緒に取っておくと、相談もさらに詳細にしていく事ができます。デザインなどはある程度は自分で行いたいと思うのであれば、コツもしっかりと踏まえた上で資料も用意していって下さい。業者に任せる場合にも、必要なデータ類はすぐに提供できるように準備しておくとスムーズです。写真やイラスト、デザイン等もプロに任せる予算があればそれを利用した方がさらにターゲットへの訴求効果は増していきます。製作期間もきちんと決めた上で、協力していける業者とパンフレットを作っていって下さい。

Copyright© 2015 パンフレット作成は格安で済ませることに利点がある All Rights Reserved.